太陽誘電エナジーデバイス株式会社 日本語English

会社概要
事業案内
リクルート
環境方針に付いて
お問い合せ

会社概要
ごあいさつ
21世紀に入って、パソコンをはじめ携帯電話やデジタルカメラなど、電子技術のめざましい進化は、人々の暮らしに飛躍的な便利さをもたらしました。
しかし、この便利さと引き換えに、電気に大きく依存した人々の暮らしは、気候変動というリスクを突きつけられています。手に入れた便利さを損なうことなく、化石燃料に頼らずに、どのように電気をつくり、どうやって蓄えるか—これは、今や人類規模のテーマといっても過言ではありません。
これまで世界に先駆けてPASキャパシタの高容量・高出力を実現してきた私たちの技術は、「電気を蓄え安定的に供給する」分野において、さらなる進化の可能性を秘めています。私たちが歩み出すエネルギーデバイス分野の小さな一歩が、さまざまな課題を克服し、人類の未来を創る確かな一歩になりうると信じております。
代表取締役社長 
中島 光雄 

会社概要
社名
太陽誘電エナジーデバイス株式会社
所在地
本社・工場:群馬県前橋市鳥取町152番地1
設立
1982年9月27日
資本金
1億円
役員
・代表取締役社長:中島 光雄
・取締役:大井 修司
・取締役:石田 克英
・取締役:関口 冬樹
・監査役:中野 勝薫

会社浴革
1982年 昭栄株式会社より分離独立し、上田昭栄株式会社を設立
クロスバ交換機製造部門を継承し創業

1987年 通信系ソフト設計の一括請負開始

1993年 CD−ROM DRIVE製造開始

1998年 品質システムISO9002:1994認証取得

1999年 コイン型PASキャパシタ“PAS621R”製造開始

2000年 医療用具(補聴器)製造許可を取得

2001年 コイン型PASキャパシタ“PAS414R”製造開始

2002年 携帯用レーザー距離計基板の組立開始
12月:本社工場を上田市常田から上田市住吉に移転

2003年 10月:昭栄株式会社の電子部品事業を承継
   商号を昭栄エレクトロニクス株式会社に改称
11月:品質マネジメントシステムISO9001(2000年版)認証取得

2004年 7月:昭栄株式会社の開発センターを吸収、研究開発部門を増強
11月:資本金3億9千万円に増資
12月:カネボウ株式会社よりPASキャパシタ事業を譲受
    販売窓口の大阪営業所を開設

2005年 2月:世界最薄のコイン型PASキャパシタ“PAS409”シリーズを開発
4月:PASキャパシタ電極製造用の第二工場が竣工、操業開始
11月:環境マネジメントシステムISO14001:2004認証取得

2006年 5月:シリンダー型PASキャパシタの量産開始
6月:富士重工業株式会社と技術供与契約締結
6月:シリンダー型リチウムイオンキャパシタを開発
10月:富山昭栄株式会社の全事業を譲受

2007年 3月:昭栄株式会社から太陽誘電株式会社の100%子会社となる
10月:世界最小のコイン型PASキャパシタ“PAS311”シリーズの製造開始

2009年 10月:世界最薄(厚さ0.45mm)のリチウムイオンキャパシタを開発

2010年 3月:商号を太陽誘電エナジーデバイス株式会社に改称

2015年 5月:本社工場を長野県上田市から群馬県前橋市に移転

2017年 1月:資本金1億円に減資
ページ上部へ
copyright (C) 太陽誘電エナジーデバイス株式会社 allrights reserved.
ISO14001認証取得 個人情報保護について サイトマップ